リグロースラボM15の口コミと効果に期待して…

リグロースラボM15を試してみようと思ったのは、内服薬のミノキシジルとフィンペシアのタブレットを購入していたオオサカ堂さんで見かけたのがキッカケです。リグロースラボM15

早速、オオサカ堂さんで「リグロースラボM15」のページを見る

AGAつむじハゲ35歳の男がリグロースラボM15を使うまでに至る話を読んでいただける場合は以下からどうぞ↓↓↓

僕は3年前からつむじハゲに悩みAGA治療をしてきました。

最初は某有名AGAクリニックへ通院してクリニック処方のミノキシジル(髪を生やす)とフィナステリド(抜け毛を防ぐ・商品によっては錠剤名としてフィンペシアなどと呼ばれます。)を飲み続けそのおかげもありまして、当初よりはつむじハゲが改善されました。

ただし、毎月の2つの内服薬に2万4千円ほど。。。

これが毎月続き、しかもクリニックの診察自体(頭部の写真撮影と話しなど)も5分ほどで終わるので、正直コスパ的にどーなんだろ?と考え始めて検索でたどり着いたのが、オオサカ堂さんで販売されているミノキシジルやフィンペシア。

オオサカ堂さんは個人輸入代行の販売サイトなのですが、ほぼ同じ成分・効能の内服液がクリニックで処方される物より、四分の一ほどの料金で通販することができます。

それ以降、通院を止めオオサカ堂さんでミノキシジルとフィンペシアを購入して飲んでいますが、クリニックで処方されていた時と同様の効果で全く問題なく毎日飲んでいます。

現在は、ミノキシジルタブレット5mgを朝晩に各1錠ずつ、フィンペシアタブレットを朝にミノキシジルと一緒に飲んでいます。

ただ、生えもしないし抜けもしないという現状維持状態が長らく続いていることから、これを打破して黒々とした髪の毛をつむじに生やしたいな!と思い次なる攻めの一手を模索していた時に見つけたのが、ミノキシジル配合の「リグロースラボM15」でした。

リグロースラボm15の商品ページ写真

ミノキシジルを10mgから思いきって15mgへ!という手もありましたが、その前にこれまでの内服薬ではなく外用薬を試してみたかったというのもあり、「リグロースラボM15」を試してみる事にしました。

>>リグロースラボM15の詳細はこちら

リグロースラボM15の紹介と口コミについて

早速、オオサカ堂でリグロースラボM15を購入してみました。

ここでは、リグロースラボがどんな商品なのか?使い方や副作用について、リグロースラボの口コミは果たして良いものなのか?紹介します。

リグロースラボM15のボトル

リグロースラボM15ってどんな商品?

リグロースラボM15は、発毛成分である「ミノキシジル」が15%配合されている外用薬です。

ミノキシジルタブレットやフィンペシアタブレッが内服して体の中から発毛を施すのに対して、リグロースラボM15は直接頭皮に塗布して外から発毛を促す商品です。

基本的には、内服液で充分にAGAに対する効果は見られるのですが、あと、もう一押し!という発毛効果がほしい時に外用薬であるリグロースラボM15を使うのが一般的です。(内服薬の副作用を懸念して、まずは外用薬から使われる方もいらっしゃいます。)

リグロースラボはこのM15の他にも7種類のラインナップがあるのですが(詳しくは後述しますね。)、その中でもリグロースラボM15はミノキシジルの配合率がダントツで高い15%配合となっています。

リグロースラボM15の詳細を見る

リグロースラボM15の使い方・使用量など

リグロースラボM15の使い方としては、1日2回各1mlを頭皮に塗布した後に
2~4分の頭皮マッサージ…となっています。スポイトとスプレーが付属していますので、使いやすい方を使うと良いです。

リグロースラボのスポイトと口コミリグロースラボM15を使うタイミングとしては、「朝起きたときに1mlを塗布、洗髪後の頭皮の綺麗な状態で1mlを塗布」…この使い方が口コミを見ても多くの方が取り入れている方法のようです。

ただし、リグロースラボM15の塗布後は「4時間以上は洗い流さずに」とありますので、この時間と使用量を守れば自分の好きなタイミングで使用すれば良さそうです。

リグロースラボM15の副作用…初期脱毛はある?

リグロースラボM15にはミノキシジルが15%と高配合されているので、使う側としては副作用なども不安になってしまいますよね。

内服のミノキシジルでも、個人差はあるものの稀に副作用が起こる場合があります。

ただ、内服薬ほど顕著に副作用が出るといった口コミも見ませんので、それほど心配する事もないのかなとは思いますが、以下の副作用が起こるケースもあるので、その場合はミノキシジル配合量を減らした他のリグロースラボシリーズを使うなどして様子をみるのが良いかと思います。

リグロースラボM15の副作用としては、、頭皮のかゆみ、めまい、心拍が速まる、手足のむくみなどの症状が現れることがあります。(詳細はオオサカ堂のリグロースラボ商品ページで確認をお願いします。)

また、副作用として気になるのは、ミノキシジルを塗布する事による「初期脱毛」です。これは、特に内服のミノキシジルで多く報告されています。

ただし、この初期脱毛に関しても人各々での個人差がありますし、初期脱毛自体はその後で大きな効果を発揮する前兆に過ぎませんので、それほど不安を感じる事もないでしょう。

リグロースラボM15の口コミってどーなの?

リグロースラボM15について気になるのが実際に使ってみた人の口コミです。

「実際に本当に効果はあるのか?」

…という点は購入前に知りたいポイントですよね。

Google検索で「リグロースラボM15の口コミ」と検索するとたくさんのページが見つかりますが、中には、「この口コミは本当なの?」という、怪しい口コミもあったりします。

その様な本当か嘘か分からない口コミよりも、薄毛で真剣に悩んでいる人達のリアルな口コミが見れるのがオオサカ堂のリグロースラボM15の商品ページになります。

リグロースラボM15オオサカ堂口コミページ

口コミ数は500(500までしか掲載されていない)もありますので全部見るのも大変なくらいです。リグロースラボM15は効果があった!、無かった(-_-;)など、正直な様々な口コミを見ることができます。

自分の現在の薄毛の状況と同じだったり似た感じの口コミを見つけることができれば、とても参考になりますよ^^

リグロースラボM15の商品ページにある、星のマークをタップ(クリック)すると口コミが見れますよ^^

リグロースラボM15の口コミを今すぐ見に行く

リグロースラボM15の口コミと効果を信じて使ってみたのでレビュー!

ミノキシジル、フィンペシアの内服薬で、発毛に行き詰まりを感じていたので、直接頭皮に塗布する外用薬を使ってみようと思い、オオサカ堂で見かけた「リグロースラボM15」を購入してみました。

ミノキシジルとフィンペシアこちらは現在、飲んでいるミノキシジルとフィンペシアのタブレットになります。

リグロースラボM15そしてこちらがリグロースラボM15です。

見た目は全然これが育毛剤だとは分からないくらいな感じです。スプレーとスポイト方式の2つがリグロースラボM15に同梱されているので好みの方で使えるので使いやすいです。

スプレーの方は口コミで詰まるという口コミを見ていたので、最初からスポイトを使っています。メモリがあるので量も正確に分かりますし、より頭皮へ近づけてリグロースラボM15を塗布できるのも良いです。(スプレーの場合は2プッシュで1ml。頭皮よりも毛髪に多めに付着してしまう印象があります。)

リグロースラボM15の使用感…匂いやベタベタ感は?

リグロースラボM15を実際に使ってみました。サラッとした液体状で色は薄く黄色がかっています。

リグロースラボm15の液体の色リグロースラボM15の使い方としては、1日2回(各1mlずつ)の塗布と2~4分のマッサージです。

僕は、朝起きた時と入浴後に1mlづつを、気になっているつむじ周辺に塗布しています。

スポイトで1mlというと割と多い量なので、0.5mlを2回に分けて塗布するのが自分的にしっくりきています。

塗布後はマッサージ!ただ、このマッサージいつも適当になってしまっているので、時間を測ってしっかりマッサージしないとですね。

リグロースラボM15の効果をより引き出すためにも頭皮マッサージも併せて行っていきましょう。

リグロースラボM15を使用していて気になることについて。

まずは、薄黄色気味の液体の匂い。

こちらは、全く不快な匂いではありません。

例えるのが難しいのですが、、若干のアルコールの様な匂いは感じるものの
爽やかよりの匂いだと感じています。また、塗布後も香りが強く残る事もありませんでした。

塗布後のベタベタ感はあるのか?

実際に使ってみて感じた事は、塗布後のマッサージの際に手のベテベタ感は若干ですが残ります。

また、毛髪に付着した際にも若干のごわつきを感じます。ヘアワックスを少し使った時のよーな感じなので、朝などはスタイリングが逆にしやすかったりしまし^^

スプレータイプでリグロースラボM15を頭皮に塗布している方の口コミで、「朝起きたら髪の毛が白くなっていた。」というのがありました。

これは、よく頭皮へ揉み込まずに頭髪に付着して濡れたままにしてしまったことが原因のようでした。

白くならないためにも、必要以上に毛髪に付着した際はドライヤーで乾かしましょう。

リグロースラボM15の効果…発毛は感じれた?

僕は、ミノキシジルとフィンペシアタブレットの内服薬のサブ的な位置づけで外用薬であるリグロースラボM15を試してみました。

内服で、現状維持状態が続いていたので内服の容量を少し増やす前に試しで使ってみようと3ヶ月。

継続して使ってみた効果ですが、、

確実に頭皮の産毛が増えました!!

塗布すらしてないおでこの生え際も増えたくらいなので、今回のリグロースラボM15効果なのだと感じています。

今後も継続して使っていき、様子を見ながら内服薬の方も少し増やそうかなとは考えています。

リグロースラボM15の詳細を見る

リグロースラボM15とD5αを併用しています。

リグロースラボM15を使い続けていてなかなか調子が良いので、内服薬を増やす前に、リグロースラボシリーズをもう1種類試してみようと現在、使っているところです。

それが、「リグロースラボD5α」です。

リグロースラボD5αリグロースラボM15が髪の毛を生やす働きのあるミノキシジル配合であるのに対して、リグロースラボD5αは脱毛を抑制する効果があります。

デュタステリドの効果現在では、朝起きた時にリグロースラボD5αを1ml、夜寝る前にリグロースラボM15を1ml塗布しています。

オオサカ堂でもリグロースラボシリーズの併用は認められているので、より高い発毛&脱毛抑制の効果を高めるためにも、しばらく様子をみながら使ってみているところです。

リグロースラボD5αの詳細を見る

リグロースラボとフォリックスの比較

リグロースラボM15と似た商品がオオサカ堂にはあります。それが「フォリックス」シリーズ。

フォリックスフォリックスにも約10種類のラインナップがありますが、リグロースラボM15と同じミノキシジル15%含有の商品が「フォリックスFR15」です。

こちらも、口コミが500とオオサカ堂では人気の育毛・発毛薬。

ここへ来て、「リグロースラボとフォリックスのどちらが良いの?」
迷わせてしまったかもしれませんが、どちらを選ぶのかは両方の口コミを
見て「より自分の頭髪の状況と似た方が口コミをしている」方を選べば
納得の行く選択ができるかと思います^^

以下に、リグロースラボM15とフォリックスFR15、同時に日本国内で販売されているリアップXの比較をしてみます。

商品名 ミノキシジル配合量 容量 価格
リグロースラボM15 15% 60ml ¥3,500
フォリックスFR15 15% 60ml ¥4,940
リアップX5プラス 5% 60ml ¥7,048

比較表を見てみると…国内販売されているリアップX5プラスに関しては、ミノキシジル配合量・価格ともに海外製品と比べるとコスパが異常に悪いことがわかります(-_-;)買っちゃだめだ。。

こーなるとリグロースラボM15かフォリックスFR15の二択になりますが、
価格的には、当サイト紹介のリグロースラボM15よりもフォリックスFR15の方が1,500円も安くなっていますね。。

実は、私もどっちにすれば良いのか?迷いました。

ミノキシジル配合量に関しては全く同じですので、価格以外の内容は同じであれば安い方が断然お得ではありますが。。。

オオサカ堂の各々の商品ページには多くの口コミが掲載されていますのでそちらを見て、自分の症状に似ていてしかも効果が感じられた!…という口コミが多い方の商品を参考にして選べば良いかと思います。

各商品ページにある、星のマークをタップ(クリック)すると口コミが見れますよ^^

リグロースラボM15は楽天やAmazonで通販できるか?

リグロースラボM15は楽天及びAmazonなどでは一切、購入することができません。

安心、安全に輸入代行を行ってくれるオオサカ堂で通販しましょう。

リグロースラボM15は口コミを参考に自分で試そう!!

リグロースラボM15はミノキシジル15%配合の攻めの外用薬です!

内服薬のサブ的に使う方法もあれば、「いきなり内服薬を飲むのは怖いな」と感じる場合にお試し的に使う方法があるかと思います。

どっちにしても、まずは自分で使ってみてリグロースラボM15の効果を実際に自分の頭皮で試してみるのをオススメします。

リグロースラボM15の商品ページにおいて多くの読みきれないほどの口コミが掲載されていますので、じっくり読み込んでみて参考にしてみてください。

リグロースラボM15の口コミをオオサカ堂で見る